JABEE認定制度と技術士制度

※一般社団法人 日本技術者教育認定機構より転載


技術士への道

JABEE認定プログラム修了者は、技術士の第一次試験が免除されます。


技術士とは

技術士制度は、文部科学省が所管する、優れた技術者の育成を図るための国による技術者の資格認定制度です。そして“技術士”とは、技術士法に基づいて行われる国家試験(技術士第二次試験)に合格し、登録した人だけに与えられる名称独占資格(※1)です。
つまり“技術士”は、「科学技術に関する技術的専門知識と高度な応用能力及び豊富な実務経験を有し、公益を確保するため高い技術者倫理を備えていること」を国によって認められた技術者であり、科学技術の応用面に携わる技術者にとって最も権威のある国家資格と言えます。

(※1)名称独占資格とは、資格取得者以外のものにその資格の呼称およびそれに類似したり紛らわしい呼称の利用が禁止される資格のことです。


技術士の第一次試験免除について

 2004年4月より、JABEEが認定したプログラムの修了者は、文部科学大臣の指定を受けて技術士の第一次試験が免除されることになりました。

技術士法によれば、文部科学大臣が指定した教育課程を修了した者は技術士補となる資格を有するとされています。この「修了した者」とは、「認定された教育課程の修了者(JABEEの認定プログラム修了者で文部科学大臣が告示した教育課程の修了者)」を指します。

よって、JABEE認定プログラム修了者は、文部科学大臣が告示した当該認定プログラムを告示に掲げる修了年月以降に修了した時点から「修習技術者」となります。「修習技術者」は技術士の第一次試験が免除され、必要な経験を積んだ後に技術士第二次試験を受験することができます。技術士第二次試験合格後、技術士登録をすることで、技術士資格を得ることができます。


技術士資格取得までのしくみ

JABEEプログラム修了生は、修了プログラムの部門にかかわらず、第二次試験はすべての技術部門を受験することができます。


以上、詳細は一般社団法人 日本技術者教育認定機構ホームページの、「JABEE認定とは」,「技術士への道」を参照。